気になる薄毛の悩みはプロペシアの摂取で解決|副作用が少ない

男性

毛髪の生成フロー

笑顔の男性

人の髪の毛というのは無作為に発毛しているわけではありません。ある一定の発毛サイクルに応じて順序良く髪の毛は生えてくるのです。発毛サイクルのフローは幾つかにまとめることができます。「成長期」「退行期」「休止期」です。最初に挙げた、成長期というのは、毛包部分の細胞が分裂を繰り返して毛髪が生み出される時期のことです。発毛サイクルの中でも成長期は一番期間が長くて、個人差はありますが大体3~7、8年だと言われています。そして次が退行期です。こちらは、細胞分裂が落ち着いてきて毛髪の生成が停滞する時期だという点が特徴です。そして退行期が過ぎると休止期へ移行するのです。この段階の毛髪は細胞の分裂も止まっているので成長しません。毛母細胞から分離して休止期の毛髪は抜け落ちるのです。以上が基本的な発毛サイクルなのですが、サイクルの移行タイミングなどは個人差がある点に注意が必要です。

頭皮の毛髪が薄くなってしまう原因の1つが、発毛サイクル中の成長期が短くなることです。短くなると毛が抜け落ちてしまうまでの間隔が狭まるので、必然的に毛髪が細くなって薄毛へと至るのです。そのため、名古屋エリアのクリニックで発毛サービスを受けている方は、サービスを受けつつ、自分で髪の毛の成長期を伸ばす対策を講じておくと良いかもしれません。もちろん、名古屋のクリニックで受けられる発毛サービスは効果的なのですが、平行して対策を講じておくことによって薄毛改善効果が高まります。

自分で薄毛対策しつつ、名古屋のクリニックで施術を受けたいという方は、クリニック選び時にランキングサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。名古屋にあるおすすめのクリニックを分かりやすく紹介しているのでお得です。