気になる薄毛の悩みはプロペシアの摂取で解決|副作用が少ない

男性

毛が抜ける原因

2人の女の人

ジヒドロテストステロンの過剰生成が男性の薄毛の原因ですが、女性の場合は違う要素が抜け毛などの原因となることが多いようです。中でもよく挙げられる抜け毛の原因が自律神経の乱れです。最近は昔と比べて、女性も社会に進出するようになってきました。以前は男性が多かった管理職にも能力次第では女性も登用されるようになり、活躍の場が広がったといえます。しかし、社会では仕事や人間関係など他にもストレス要因が数多くあります。

ストレスと自律神経は密接に関わりをもっています。身体は精神的ストレスを感じると自律神経である交感神経が優位になります。交感神経が優位になると、体内の血圧が上昇して毛細血管が収縮を始めます。一時的なストレスであれば、すぐに血圧も下がり毛細血管も通常の状態に戻るのですが、慢性的なストレスの場合収縮を繰り返すことになります。そうなると、血行が悪くなりますので毛髪に栄養を届けることが難しくなってしまうのです。髪の毛は身体から栄養を補給してもらうことによって、毛母細胞が分裂を繰り返し成長します。しかし、栄養の供給量が減少すると分裂ができなくなって発毛サイクルが乱れ、結果的に女性の抜け毛へと至るのです。そのため、抜け毛で悩みを抱えている方は、ストレスを受けないようにして自律神経を正常に保つことが大切かもしれません。しかし、仕事をしている以上ストレスを感じないというのは難しい話だといえます。そういった方は、何かストレス発散できる趣味を見つけるか、定期的にサロンなどのリラクゼーションサービスを利用すると良いでしょう。日頃から頭皮の状態をチェックして、何か異常があれば発毛サロンで施術を受けるのも良い選択です。